【完売】千瓢 千実 純米吟醸 生原酒

Chisane-nama
Chisane-nama Chisane-nama Chisane-nama Chisane-nama Chisane-nama Chisane-nama

弊蔵新人デビュー作。「杯を進めても美味しい」を目指して。

弊蔵蔵人・後藤 実和が責任をもって醸造した初めての純米吟醸酒です。
原料米には私も栽培に携わった地元愛知県産の酒米「夢吟香」を使用し、種麹の種類、酵母の選定まで、蔵元杜氏・水谷と相談し、指導を受けながら自ら考え酒質設計しました。
できたお酒には、千瓢のと私の名前の一字をとり、ここ水谷酒造で千にも及ぶほどのたくさんの実りある経験、出会いを重ねていきたいという信念を込め「千瓢 千実(ちさね)」と命名しました。

目指したのは、口に含むとすっと馴染み、お酒だけでも食中酒としても楽しめるようなバランスで、杯を進めても「はあー美味しいなぁ」と飲んでいられる、そんなお酒です。
実際のお酒は香り穏やかながらも幅のある味わい、ほのかな甘みを心地よく感じさせてくれる余韻がありました。この余韻は弊蔵らしい味わいが出せた部分だと思います。
『造り手としても社会人としてもまだまだ未熟な私ですが、今できる精いっぱいで向き合いました。少しでも目指したイメージに近づけたか、ぜひ味わってお確かめ頂けたら嬉しいです。』

ラベルデザインについて
今回のラベルは後藤自らデザインしました。
構想初期は酒造りや、水谷酒造という人が繋がっていく場所をイメージした「輪」からデザインが始まりました。水谷の酒造り(青の正円)を目指してなぞろうとしてまだまだなぞり切れていない弟子の軌跡を赤の円で表しました。
酒造りの難しさの実感と、先人への尊敬の念、これからへの向上心、色々な思いが交錯した1年を表そうとしました。

この商品は初めて自分で一から考えて実現したお酒でもあるので、水引を模して自分への素直なお祝いの気持ちも込めました。
緑の水引は横にながく伸ばし、夏の田んぼ仕事の際に見た、青々とした稲が一面に広がる様子をイメージしています(イメージ写真後半の田は後藤が撮影した写真です)
…●…●…●…

生酒は蔵冷蔵庫の取り置き分と取扱い酒販店さま入荷分のみのご用意です。在庫がなくなり次第オンライン販売は終了予定で、酒販店さまの在庫分のみとなります。
※こちらの商品は出荷予定時期の気温を考慮して、酒質保持のためチルド便のみでご注文を承っております。何卒ご理解頂ければ幸いです。

通常(火入れ)商品のご購入はこちら↓
▶▶【新商品】千瓢 千実 純米吟醸 火入れ

お取扱い酒販店さまのご案内はこちら↓
▶▶お取扱い酒販店さまご案内(PDF)

  • ・使用米:愛知県産夢吟香
  • ・使用酵母:―
  • ・精米歩合:55%
  • ・アルコール度数:16度

購入商品の選択

  • ご購入商品につきましては、ご注文いただいてから発送まで、1週間程度お時間をいただきます。予めご了承ください。
容量
¥2,500(税込)
只今お取扱い出来ません