純米大吟醸 「奏(かなで)」

 2016年春、発売を開始した純米大吟醸酒です。2015年、愛知県の酒造好適米「夢吟香」を使って、純米大吟醸を目指そうとプロジェクトを立ち上げました。プロジェクトメンバとイベント参加者が専門分野で力を合わせ、この度、完成しました。オーケストラが奏でる音楽のように、各々の立場のメンバーが独自技術を奏であって完成したという思いを込めて「奏(かなで)」と命名いたしました。

新しい地産・地消、食育への広がり

 田植えから稲刈り、醸造へとすべての工程を見える化することで、完全なトレーサビリティを実現することができました。

 米栽培はアグリサポート、酒醸造は水谷酒造という地産地消のビジネスモデルを異業種間でコラボしています。

 農業、酒造を食育イベントとして企画し、参加者も年々増加し、国内外から参加を得ています。

こだわり

① 愛知県の酒造好適米「夢吟香」で

  大吟醸酒を醸すこと。

② 栽培は減農薬農法により、環境負荷を

  軽減すること。

③ 精米比率を最大限上げること。

 (2.1mmでふるい、40%まで磨

  きました)

 

 花の香りのする穏やかな味わいにし、よく冷やしてご賞味頂けるように心を込めました。

 

価格(消費税別)

  720ml  2700円

   

純米大吟醸 千瓢「奏」誕生


純米大吟醸 千瓢 「奏(かなで)」 720ml

化粧箱 300円/本。

酒造好適米「夢吟香」の米生産から酒醸造という食育イベントの中で生まれたお酒です。消費者でもある参加者の手を通して完全なトレーサビリティを目指した新しいタイプの純米大吟醸です。

¥2,700

  • 在庫あり
  • 配送期間:1~2週間

純米大吟醸「奏(かなで)」720ml 

化粧箱入り

 

販売開始 10月1日~

 

3,500円(消費税別)